エンタメライダー

ブログメディア運営術、兼パチンコ・パチスロのエンタメブログ

パチンコPエヴァ-シト、新生-(シトシン)が2019年登場予定!スペックは圧倒的瞬発力を小当りで実現!?



f:id:xtpa:20191019000229j:plain

こんにちは。エヴァのパチンコ新台「新世紀エヴァンゲリオン-シト、新生-」がフィールズさんより登場予定です。エヴァは何年たっても廃れませんね。

今回は、エヴァ-シト、新生-がどんなスペックで登場するのか、歴代シリーズを振りかえりながら考えてみましょう!

 

 

歴代のエヴァ-使徒、再び-を踏襲している?

パチンコ、スロット共にエヴァシリーズは、もう数えるのが大変なくらい登場しています。

前作は、2019年3月に登場した「エヴァンゲリオン-超暴走」、「エヴァンゲリオン-超覚醒」です。

超暴走は、大当たり確率1/199で、継続率82%のV確変ループタイプでした。超覚醒は、大当たり確率1/199で、設定付・小当り付確変ループタイプでした。

後述しますが、エヴァ-シト、新生-の映像は、稼働No.1となった「エヴァ-使徒、再び-」が踏襲されているとのことです。

 

エヴァ-使徒、再び-のスペックは、まさにエヴァシリーズの王道です。

タイプ:ミドル

大当たり確率:[通常時]1/346.8[確変時]1/34.7

確変突入率:65%(突確を含む)

時短:100回

大当たり出玉:[15R]1755個(9C×13個賞球)

大当たり振分:

[ヘソ]
15R確変 35%
突然確変 30%
15R通常 35%
[電チュー]
15R確変 62%
突然確変 3%
15R通常 35%

 

確変率65%で、ミドル確変ループタイプスペックは、当時よく打たれていたスペックです。わたしは、CRF創聖のアクエリオンの方を良く打っていました。この機種も類似したスペックです。

2019年時点との違いは、当時はまだ出玉規制が厳しくなかったので、1回の大当たりで1755個(払出ベース)でゲットできました。

通常大当たりでも、これだけの出玉をゲットできたら良いですよね。2019年時点では、最大10R、賞球15個、10カウントが上限ですので、最大1500個の払出となっています。

 

エヴァシリーズで好きな機種は何ですか。

わたしは、2014年に登場した「エヴァンゲリオン9」です。大当たり確率1/390で、突入率100%のST機でした。STは100回で、その継続率は約80%です。

これまでのエヴァは、確変に入らなければ、正直あまり楽しくなかったです。一方、エヴァ9は、当たれば確変(ST)なので、その演出を十分楽しむことができました。

 

 

気になるスペックは、圧倒的瞬発力!?

フィールズ公式ツイッターより、ディザーPVが登場しました。

 

映像は、先述したように「使徒、再び」を踏襲していそうです。映像に記された「圧倒的瞬発力」と高速で増加する出玉表示がキーでしょう。

 

スペックは、次の通りです。

タイプ:ミドル、小当りラッシュ

大当り確率:[通常時]1/319.7[高確時]1/45.7[小当り]1.17

確変率:[ヘソ・電チュー]65%

時短:100回

振分:[10R確変]50%[2R確変(小当りラッシュ)]15%[10R通常]35%

出玉:調査中

 

王道ミドルに、特徴のある小当りラッシュをつけた確変ループスペックです。確変率は、これまでのエヴァと同じように65%です。特徴的なのが2R確変後に「小当りラッシュ」に突入する点です。

これは、珍しいタイプですよね。2R確変で出玉が増えないのが常でしたが、エヴァ-シト新生-では、増やしながら次回大当たりを狙えます。

 

昨今の出玉規制で、確変時の大当たり確率を重くせざるを得なかったり、大当たり開始までの時間を伸ばしたり、ユーザーからすると少しイラッとしますよね。

そこで登場した必殺仕置人が、爆速STで人気を独り占めしました。

>>パチンコ必殺仕置人と牙狼-冴島鋼牙-はどちらがオススメか?勝ちやすいのか?スペックを理論値で徹底比較!

 

同時期に登場した、牙狼-冴島鋼牙-は残念ながら仕置人ほどの稼働には至っていません。しかし、牙狼はAタイプパチンコで登場予定です。時速600回転というスロット並みの回転率で、人気が出そうです。

>>【時速600回転】パチンコ牙狼コレクションがAタイプで登場!スペックよりもドデカヘソに注目!

 

今パチンコに求められているのは、「スピード」です。本当は出玉と言いたいところですが、規制があるので仕方ありません。エヴァ-シト、新生-がどこまでのスピードがあるか気になりますね。

また、ガンダム-逆襲のシャア-がライトミドルで人気ですよね。SANKYOさんは、2019+199→20199プロジェクトを実施しています。当たりやすさ・遊びやすさを重視したスペックを導入しています。

しかし、このシリーズはやや類似したスペックが多くなってきたため、エヴァ-シト、新生-はミドルで来たと予想しています。

 

関連記事

パチンコ新鬼武者-狂喜乱舞-が継続率90%で登場!スペック・導入日は?仕置人とどちらかオススメか徹底比較!

パチンコ必殺仕置人と牙狼-冴島鋼牙-はどちらがオススメか?勝ちやすいのか?スペックを理論値で徹底比較!

【時速600回転】パチンコ牙狼コレクションがAタイプで登場!スペックよりもドデカヘソに注目!

©カラー/Project EVA.
©Bisty
©FIELDS