エンタメライダー

ブログメディア運営術、兼パチンコ・パチスロのエンタメブログ

北斗の拳-天昇-激闘ボーナス3戦突破・勝つためのレバーオンオカルト打法検証中!



f:id:xtpa:20191111191211j:plain

こんにちは。パチスロ北斗の拳-天昇-打ってますか。リゼロに次ぐ、人気台になりそうですね。本機で一番重要なのが、AT・真天昇ラッシュ突入を抽選する、激闘ボーナス中のヒキです。ここで勝てるか・負けるかが決まると言っても過言ではありません。

今回は、北斗-天昇-の勝つためのオカルト打法の検証を実践とともにお届けします。

 

基本的なスペック等については、下記の記事を参照してください。

>>パチスロ6号機 北斗の拳-天昇-が純増6.3枚AT機で登場!スペックはリゼロ白鯨突破型に類似!北斗揃いの恩恵は?

 

 

勝つためのレバーオンのタイミング打法を検証開始!

f:id:xtpa:20191111191039j:plain

北斗-天昇-では、リゼロと同様に3回勝つ必要があります。リゼロとの大きな違いは、次の通りです。

  • 開始時と1G目~5G目までの5G間の抽選
  • 開始時のバトルレベルと、小役レベルによって抽選

リゼロでは、基本レバーオン1回で勝利 or 敗北が決まりますが、北斗では5G間のチャンスがあります。

開始時のバトルレベルは、最低のレベル1で勝利期待度は10%です。5G間の小役レベルが最低のレベル1の各役の勝利期待度は、次の通りです。

勝率
はずれ・ベル 7%
リプレイ 25%
レア役* 50%
強チェリー 100%
強敵揃い 100%

*:弱チェリー、スイカ、チャンス目

リプレイ以上なら勝利に期待ができます。

設定1において、弱チェリー、スイカ、チャンス目がそれぞれ1/99、強チェリーが1/199.8で、合算1/28.5です。引けない確率ではないように思います。

高設定の方が、「リプレイ確率が高くて、レア役確率が低い」や「リプレイ確率に差はないけど、レア役確率が高い」なんてこともあるかもしれません。

 

何はともあれ、5G間にリプレイ以上引けるタイミングを見つけられば、勝率を上げることができます。

小役乱数は目に見えないので、レバーオンのタイミングを明確に見極めることはできません。しかし、体感的にここでレバーオンすれば、当選しやすいという場合があります。それを自分なりに検証すると、スロットはさらに楽しめますよ。 

タイミングを検証するときに、なるべく同じタイミングでレバーオンすることをオススメします。そのときに、画面でタイミングを計らえそうなところがないか探します。

例えば、北斗-天昇-では、必ずサブ液晶に「MYスロ メニュー」が表示され、一定リズムで指が上下に動きます。

その「指」が何回か5回目押した瞬間にレバーオンするという検証を行っています。

f:id:xtpa:20191111190837j:plain

サンプル数が集まれば、また記事にしようと思います。ぜひ、自分なりのレバーオンを身につけて、より北斗-天昇-を楽しみましょう。

 

 

実践スタート!

プラス域で推移している5Gやめ台を選択しました。というより、これしか空台がなかったです。

過去の初当たりは、640G、446G、550Gで、やや初当たりが重いかったですが、全てATに繋がっています。周りを見ても、高設定らしき台は初当たりが軽そうだったので、この台は引き強な人が打っていたのかもしれません。

f:id:xtpa:20191111190958j:plain

 

101Gで通常画面で、天候変化です。天候変化は、雨、雪、雷があり、これらが出ると通常Bモード以上濃厚です。

ちなみに、七星チャージ終了時に、サブ液晶を押すと断末魔が聞こえます。これらはモードを示唆しています。

  • あべし:モードB以上(天井:600G+α)
  • ひでぶ:モードC以上(天井:400G+α)
  • ヘブン:チャンスモード(天井:200G+α)

100Gまでで、ひでぶが出ているので、モードC以上濃厚でした。

f:id:xtpa:20191111191005j:plain

 

207G、世紀末ゾーン(1000pt)到達!

サウザーに自力勝利し、217G激闘ボーナス。

f:id:xtpa:20191111191009j:plain

 

1回戦は、バトルレベル1、小役レベル2のショボいやつ。

f:id:xtpa:20191111191012j:plain

 

VSサウザーで敗退…。

f:id:xtpa:20191111191017j:plain

 

1回はATを味わいたいので、続行です。コイン持ちがべらぼうに良いので投資は低めです。

54G~、206G~、306G~でゲーム数前兆もハズレ。351Gに世紀末ゾーンでハズレ。

409G~前兆で断末魔ゾーン当選し、441Gにカイゼルに勝利!

この画像のシャチ、あまりかっこよくない…。

f:id:xtpa:20191111191023j:plain

 

次こそはやる!

1回戦は、バトルレベル6、小役レベル3です。昇舞が5個あったので、そこそこレベルが上がりました。バトルレベルは1戦でリセットされるので、小役レベルアップをもらえる方がお得です。

f:id:xtpa:20191111191027j:plain

 

VSカイオウでチャンス!

f:id:xtpa:20191111191030j:plain

 

開始時に勝利!

f:id:xtpa:20191111191039j:plain

 

2回戦はVSヒョウ。

f:id:xtpa:20191111191045j:plain

 

小役レベル3で挑みます。

f:id:xtpa:20191111191054j:plain

 

レア役を引き勝利!

f:id:xtpa:20191111191059j:plain

 

そして、3戦目もVSヒョウで、リプレイで勝利!

f:id:xtpa:20191111191105j:plain

 

AT・真天昇ラッシュ突入!

純増6.3枚×継続率85%です。85%だと理論上6.67セット続くはずです。 

まずは、期待度が目に見える修羅モードを選択です。1セット目は2ラウンドで、下記の保留です。

f:id:xtpa:20191111191119j:plain

 

ラウンドストックを3つゲットしました。修羅モードは目に見えるので、毎ゲームレバーに力がかかりすぎて疲れるかもしれません…。

f:id:xtpa:20191111191124j:plain

 

セット終了時の保留は、以下でした。青と黄色だけ。

f:id:xtpa:20191111191129j:plain

 

4セット・7ラウンドで630枚で終了です。平均800枚~1000枚なので完全なる引き弱です。

f:id:xtpa:20191111191134j:plain

 

ここでやめれば、ちょいマイナスですが勉強のために続行です。

ハマリます…。356G、世紀末ゾーンハズレ。434G、635Gに断末魔ゾーン入るもハズレ。

そう、704G天井です。さらに、昇舞が4個しかないというピンチ。

f:id:xtpa:20191111201343j:plain

 

省略…。すなわち敗北であります。モードA天井後は、次回チャンスモード濃厚ですので、200G+αで激闘ボーナスに当選しますので注意。当然のごとく、続行です。

 

241G、断末魔ゾーン経由で激闘ボーナス当選です。

1戦目、バトルレベル2、小役レベル3です。ここで負ければ、大敗です。

f:id:xtpa:20191111191141j:plain

 

VSサウザーで絶望的。レバーオン打法を駆使します。5回目の指でレバーオンです。

f:id:xtpa:20191111191147j:plain

 

まさかの勝利!しかも、はずれ・ベルから。

f:id:xtpa:20191111191154j:plain

 

2戦目もVSサウザーからの、はずれ・ベルから勝利!

f:id:xtpa:20191111191159j:plain

 

やれる!

3戦目待機中に、強敵揃いでバトルレベル10で勝利確定です。

f:id:xtpa:20191111191205j:plain

 

ファイナルバトルは、VSラオウです。

f:id:xtpa:20191111191211j:plain

 

先制で北斗百裂拳で勝利!

f:id:xtpa:20191111191216j:plain

 

2回目のAT突入です。

2回目は、王道バトルの世紀末モードで、カスタムで後告知にしました。バトルゾーン中に期待度が目に見えるタイプです。

世紀末モード中は、ステージで継続期待度を示します。あまり意識しないで打てて、これが結構楽しかったです。

バットやリンちゃんも出現します。

f:id:xtpa:20191111191221j:plain

 

昇天を期待するも、9セット・14ラウンド、1017枚でした。平均以上続きました。

f:id:xtpa:20191111191227j:plain

 

1Gやめです。スランプグラフは少々見えづらいですが、プラス2000枚付近です。

f:id:xtpa:20191111202511j:plain


初当たりをまとめておきます。

5G〜

  • 217G:激闘B→負け(有利区間引継)
  • 441G:激闘B→AT630枚
  • 704G:激闘B→負け(有利区間引継)
  • 241G:激闘B→AT1017枚

投資:700枚

回収:1074枚

収支:+374枚 

通常時はやはりつらいですが、コイン持ちが良いので投資額は抑えられます。リゼロと比較して、AT突入とAT中は自力感は強いです。引きさえあれば、何度も平均1000枚を獲得できそうです。

今後も楽しみながら、検証をしていきます!

 

関連記事

北斗の拳AT・真天昇ラッシュのオススメ実機カスタマイズ!修羅と世紀末モードどちらが楽しい?

北斗-天昇-もはや有利区間引継狙いはできない?初当りによる高設定狙いに変更した実践!

北斗-天昇-昇天演出の発生条件は何枚(何ゲーム)以上なのか不安になった実践!

©武論尊・原哲夫/NSP 1983, ©NSP 2007 版権承諾証YAF-420
©Sammy